綾瀬はるかが松坂桃李とフライデーされ結婚発表間近?過去の熱愛報道から復縁を占う

ayas清純なイメージで浮いた話があまり表に出てこないのが綾瀬はるか。

実は過去に松坂桃李と熱愛や破局、さらには復縁の噂があるようです。

一体どういうことなのでしょうか。

綾瀬はるかと松坂桃李の熱愛報道

綾瀬はるかと松坂桃李の熱愛報道が初めて出たのは2015年1月。

当時、綾瀬はるかは28歳、松坂桃李は25歳の頃でした。

二人は2014年の映画「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」で共演し、そこから急接近したと言われています。

カメラが回らない裏の素顔も、ピュアで穏やかでかわいらしい天然ボケを見せる綾瀬に、松坂は自然とひかれていったという。綾瀬も、夜遊びもせず常に誠実に演技に取り組む松坂に好意を抱いていた。

2人とも役者仲間らと飲み歩くような私生活を送らないため、関係が広く知られることはなかった。ただ、本当に信頼できる筋にだけは、こっそりと交際が始まったことを明かしていた。

この報道に対し、双方の所属事務所ともに「友人の1人です」とコメント。

しかしその一方で、週刊誌「NEWSポストセブン」が広島にいる綾瀬はるかの父親に、松坂桃李との関係を取材したところ、二人の交際の話になると終始嬉しそうな表情を浮かべていたとのこと。

家族も全面公認ということで、二人の結婚は時間の問題かと思われていましたが、翌年の2016年には破局してしまったそうです。

報道によると、破局の理由としては二人の結婚の時期に対するズレだったようです。

当時、綾瀬はるかは松坂桃李との結婚を真剣に考えていて、30歳までには結婚をしたいと考えていたとのこと。

その一方で、松坂桃李は20代の内はとにかく仕事に集中したく、30歳までは結婚は考えることもできないと考えており、次第にすれ違いができていったそうです。

また、お互いの事務所が二人の交際に反対だったことも一つの理由と言われています。

綾瀬はるかの所属事務所「ホリプロ」、松坂桃李の所属事務所「トップコート」、双方にとって二人は事務所の大看板で稼ぎ頭のタレント。

結婚してしまうことでCM契約の本数が減ってしまうことは、事務所にとっては大きな痛手となります。

こうした理由から2016年頃に二人は破局したと言われていますが、実はその後再度復縁したのではと噂になっています。

綾瀬はるかと松坂桃李が復縁?

綾瀬はるかと松坂桃李の復縁の噂が浮上したきっかけは、2018年のフレンドパークでの共演。

この放送の中で、綾瀬はるかが松坂桃李をチラチラ見たり、あからさまにソワソワしている様子から復縁説が浮上したようです。

また2019年には週刊誌「フライデー」から、

「実は2人の交際が浮上したのは、オンラインショッピングで購入した商品の郵送先住所が綾瀬さんと松坂さんで一緒だったからと言われています。『ひょっとして同棲しているのでは?』となり、ニッカンスポーツが元旦に一面で報じたんです」

といった復縁報道も出てきています。

ただ、綾瀬はるかは熱愛の尻尾を掴ませない記者泣かせとして知られており、松坂桃李との復縁疑惑以外にも韓流スターとの極秘交際の噂もあるようです。
関連記事:綾瀬はるかが結婚したいけどしない理由とは?韓流スターとの熱愛報道の真相

いずれにしても綾瀬はるかも30代半ばを迎えて結婚適齢期。電撃結婚の報道が出る日もそう遠くないかもしれませんね。

関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ